デリケートゾーン専用石鹸について

デリケートゾーンケアについて

夏は、ビキニの季節。切れ込みの入ったビキニを履いて、海に繰り出したいものですね。
でも、そんな時にデリケートゾーンのケアをきちんとしていないとせっかくのビキニが台無しになってしまいます。
デリケートゾーンには、アイライン、ブイライン、オーラインという分け方があります。
アイラインは、正面からお尻の穴までの真直ぐなラインを指します。
ブイラインはパンツを履いて、パンツの食い込み部分のブイの字の部分を指します。
オーラインとは、お尻の穴の周りのラインを指します。

 

ライン別に、適切な処理が必要です。アイライン・オーラインは、好みも分かれますが、全部処理してしまうというのが外国では一般的なようです。

 

不潔になりがちな部分ですので、少しでも清潔に保つためには、雑菌がたまりやすい毛を処理するのが早いですね。
ブイラインは、一番個人の自由に合わせて処理の仕方を変えられます。
逆三角・ダイヤ型・真直ぐなIの字型など様々です。中には、ハート型などに挑戦する強者もいらっしゃるみたいですね。
デリケートな部分なので、カミソリなどで処理したあとには、かぶれないよう、しっかりローションで保湿しましょう。
そのあとには天然成分でできたクリームなどを塗るとさらにベストです。

 

そして気になる臭いや黒ずみなどは毎日のお風呂での洗い方が重要になります。
臭いなどが気になってしっかり洗おうとしてしまいがちですが、デリケートな場所なので洗いすぎは逆効果。
守ってくれている膜などを落としてしまい炎症になったり、臭いがさらにひどくなってしまう原因となります。
そこで必要なのがデリケートゾーン専用石鹸の東京ラブソープなのです。
洗浄力は弱めて臭いや黒ずみ対策をしっかり。
薬用成分配合のプレミアム版もありますが、使用感などは個人の好みに別れます。
それでも洗いすぎには注意しましょう。

デリケートゾーン専用石鹸について記事一覧

デリケートゾーンケア石鹸の使用方法

私は過去に2度ほどデリケートゾーンについて悩んだことがありました。中学生くらいの頃に1度、そして昨年にもデリケートゾーンが非常に痒くなってしまい、とても辛い思いをしました。1度目は皮膚の表面がかぶれたようになってしまい、当時は専用の石鹸や薬などがあまり販売されていなかったのかパウダーを塗って経過を見...

≫続きを読む

人には聞けないデリケートゾーンのケア

デリケートゾーンのかゆみや臭いが気になったことありませんか。私は、生理中や排卵日前後のおりものの多い時期にトラブルが多く、かゆかったり、ヒリヒリとした痛みがあったり、しゃがんだ時に自分の臭いにドキッとしたりします。気になるけれど、他の人はどうなのかなんてなかなか聞けないのが、デリケートゾーンの悩みの...

≫続きを読む

デリケートゾーンの臭い対策

女性にとって、デリケートゾーンの悩みは尽きません。夏は、薄着になりますからおりものの臭いが気になります。独特の酸味のあるような臭いにチーズが腐ったような臭いを自覚します。自分が気にしすぎかもしれませんが、それらの臭いを他人が感じていたらどうしようと不安でたまりません。冬は冬で、どうしても寒いですから...

≫続きを読む

生理中のデリケートケアについて

私は40代の主婦です。そろそろ更年期も近いですし子宮筋腫の病気もありますので、生理中の量もとても多く困っています。特に生理中はデリケートゾーンが蒸れやすくかぶれやすくなっています。清潔にしているつもりでも、赤くかぶれたり痛みが出ることもあります。そんな時には、普通の石鹸やボディーソープで洗うと刺激が...

≫続きを読む

デリケートゾーンのお手入れは念入りに

デリケートゾーンのお手入れをしていますか?手入れとかはなにもしていないよという方もいるかもしれませんが、どうしても不潔になってしまうのでお手入れは念入りにしましょう。デリケートゾーンケアにおすすめしたいのはデリケートゾーンケア用の石鹸です。お風呂に浸かってから石鹸を泡立てて念入りにお手入れしましょう...

≫続きを読む